(株)リンクについて > ごあいさつ

       
代表トップコメント
企業同士が真の仲間として共に成長し、発展していく「場」でありたい

  企業間でのビジネス連携というのは通常、お互いが持つ「ノウハウ」と「お金」のやり取りだけで行っていくものです。しかし他に良いものができたり、価格が安いものがでるとたちまち途切れてしまう、儚いものでもあると思います。
企業同士が真の連携を行うには、「心の繋がり」なくしてはありえません。社長と従業員の関係がそうであるように、会社間でも家族のように、 理念を共有し、想いを共有し、その上でビジネスを共有していく、そういった形が理想だと考えています。そのためには「場」が必要です。企業同士が真の仲間として共に成長し、発展していく「場」を作りたい、そんな思いから㈱リンクを設立しました。
また同時に、企業理念・事業目標にご賛同いただいた企業さまと共にリンクグループも誕生しました。
今後は、リンクグループ一丸となって経常利益10%以上を目指し、財務強化を図っていきます。
そして、グループ共通理念「事業を通じて子どもや子育ての応援と、全従業員の物心両面の幸福を追求し、社会の発展に貢献します」を目指していきます。

人材育成は、事業を育て、企業を育てること

当社の主な事業はグループ内で投資を行い「人」や「グループ企業」を育てていくことです。
当社は ●事業に対していかに明確なビジョンを持っているか
       ●どれだけの熱意を持っているのか
       ●その人自身にいかに魅力を感じられるか  という独自の基準で投資を行っています。
投資してもらうには、仕事面はもちろんですが「心」も磨かなければならないのです。
事業投資に人間性が問われることに違和感を覚える方もいらっしゃると思いますが、当社にとって大切なものは 「お客様」と「人材」です。どちらも人そのものです。そういった点から、一番身近な社内・グループ企業内の仲間からの人望を得られるような人でなければ、お客様に喜んでいただけるサービスをご提供することは出来ないと考えているのです。

リンクグループは、グループ全体で理念を共有しその人の個性を活かしながらグループ内で連携して人を育てていくという方法を取っています。信頼関係のあるグループ内で技術・ノウハウを教えてもらい、今度は自分が仲間に伝えていく、「教えてもらったら教えてあげる」という人材育成方法をとります。
人は教えることで成長し、その姿が周囲の仲間へと伝わっていき、また次の世代に引き継がれていく、これが人材育成の基本であると考えています。皆が「与えられる人から与える人」になっていく、それがリンクの人材育成です。

グループオリジナル商品LDSの開発

  今後の展開として、オリジナル商品『Link-Design-Selection~リンク・デザイン・セレクション~(以下LDS)』の開発によりいっそう力を入れていきたいと考えています。
  LDS商品の販売は、メーカー・販売店といった垣根を超え、企画・製作・仕入れ・販売・アフターサービスをグループ全体で行い、お客様の本当のニーズにお応えしていくことが出来るのものと考えます。
商品を「製造する」だけ、「販売する」だけではない、お客様の気持ちに寄り添えるLDS商品サービスをご提供できるよう、グループ一丸となって日々努力していきます。

株式会社リンク 役員一同

page