ワークライフバランス研究所 > 就労モデル

       
説明タイトル
 従業員一人ひとりのワーク・ライフ・バランスの実現のため「ワーク・ライフ・バランス研究室」を立ち上げ、働き方改革に取り組んでいます。
従業員の声に耳をかたむけ様々な価値観・ライフスタイルへの理解度をふかめ、多様な就労モデルの確立を日々研究しています。
説明タイトル
 私たちリンクグループにおけるワーク・ライフ・バランスとは、従業員ひとりひとりがワーク(仕事)とライフ(生活・人生)のバランスをとりながら物心両面の幸福を感じられるという考え方です。
企業側は「働き方の自由度」で従業員のライフ(生活・人生)を支援し、従業員は充実したライフで得た活力・創造力を、ワーク(仕事)に還元する相乗効果で、ともに成長することを目指しています。
説明タイトル
 リンクグループには従業員のニーズにあわせた就労モデルが多数あります。
従業員の声から生まれたということもあり、多様な就労モデルがあってもそれを活用できない職場風土はありません。
また、ワーク・ライフ・バランスは短時間労働の推奨がピックアップされがちですが、長時間労働を希望する方にも対応する必要も感じています。従業員一人ひとりが自分の価値観やライフスタイルによって働き方を「選択できること」が当グループにおけるワーク・ライフ・バランスの取り組みです。
そして、この取り組みを成功させるためにさまざまな価値観やライフスタイルを認め合える「お互いさま」の職場風土づくりに力を注いでいます。
マザーワークの詳細へ
7つのオリジナル就労モデル
page